駐車場は(新)県道370号線沿い南側にもあります。 約5台

工房前にもありますが、駐車スペースが狭いのと、旧道への出方に注意が必要な為、広い道のほうをご利用頂ければうれしいです。

 

2021年

12月

29日

第10回「八祭」ありがとうございました。

八祭にお越しいただき、本当に有難うございました。

来年も楽しんで頂けるように今から準備しますので(笑)今後とも何卒宜しくお願い致します!

2021年

12月

24日

今週末まで開催しております

第一会場の展示風景です。

是非お越し下さい。

2021年

12月

14日

八祭 3日目

今回は、祭の会場を3つに分散しております。

❶「ギャラリーハチ」(展示会でお馴染みの場所でございます)

❷「ハチラボ 」(コロナ前は毎週末カフェを営業しておりました)

❸「八の穴」(高確率で知られずに帰られます・・・)

それぞれの空間で展示しております。

いろんなお味を楽しんで頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

2021年

12月

12日

八祭始まりました!

今年で10回目を迎える「八祭」!いよいよ始まりました。

当初予定していたメンバーに加え、総勢〇〇名!

と言うのも、作家の搬入のお手伝いに来てくれた人との会話の中でご縁が広がり、ボチボチ広がっております。

私共の「場」に参加して頂き本当に感動であります!

本日直前まで、作り上げた空間をゆっくり楽しんで頂ければ幸いです。

2021年

7月

24日

縁あってやって来た子2

1週間前お越しになられた「藁殿下」。

2021年

7月

24日

縁あってやって来た子1

10年ほど前にいただいてきた椅子。

皮がボロボロだったのですが、先日お友達の作家さんに直してもらいました。

この椅子の名前は「ハム」。

また会いに来てくださいね〜(笑

2021年

7月

22日

生活

7月も半ば、暑くなって来ましたね。

短めの新作。如何でしょうか(笑)

 

監督 井澤岳丸 東京藝術大学先端芸術表現科とドイツのバウハウス大学による 「火星」をテーマにしたオンライン展示会に出品した作品です。 あらすじ:ずっと遠い未来。 「男」はゴミを拾いながら生活する日々。 ある日出会った謎の球体が彼の過去を甦らせる。

2021年

6月

11日

起動

「レラシオン セラミカ」

2008年に始まったスペインとの交流展。

近々、京都上陸!

ここから新たな展開を夢見て。

 

画像の作品はスペイン人作家ファン・ルーの作品。

2021年

6月

10日

陶芸展

5月4日から16日まで展覧会を京都で行いました。

これからの世界を模索する為に。。。

2021年

4月

15日

甘栗食べたい

「あーちゃん。いっとこか。」

2021年

4月

14日

展覧会

非常事態ではありますが、あの空間に作品を展示したくて窯を焼いております。

2021年

3月

10日

我が家では猫好きがにゃーにゃー毎日言っている。

なので毎朝、通学で使う駅に住む猫ちゃんに会うのが娘の楽しみのひとつである。

 

今年は受験の時、学校に住み着く猫が「にゃーにゃー」言いながら頭を撫でろと寄ってきたらしい。

昨年度は完全に無視やった。((笑)

2021年

1月

03日

あけましておめでとうございます

このような世の中になっておりますが

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。